7月16日 福島県福島地区BBS主催の「福島地区中学生弁論大会」が行われました。最優秀賞は「部活動が教えてくれたもの」と題して発表した岳陽中学校3年の菅野将道君。 市内の7校の代表が集まった弁論大会でしたが、それぞれ震災の体験を通じて学んだことなどを織り交ぜながら、聞き応えのある主張を繰り広げました。